モテ期について
  1. 【モテ期診断】TOP
  2. モテ期について
  3. モテ期体験談

モテ期経験談

モテ期を経験した人は、どんな瞬間にそう感じたのでしょうか。

A・Yさん(24歳・♀)

高校生の時、いいなと思っていた男子から逆に告白されて付き合うことに。

それだけでも幸せだったのに、交際中にも2人の男子に告白されました。

彼氏がいるからと断ったものの、1人はクラス一の人気者。

モテ期は嬉しいと同時に悔しい時もあるんだなぁと思いました。笑


もし時期が別だったら…

どちらとも付き合えたかもしれない。

モテ期で、アプローチされるタイミングが

重なったばかりに、どちらかしか選べない。

モテ期のデメリットはそういう所にあるね。

S・Tさん(28歳・♂)

特定の彼女は作るつもりなかったので、誘ってくれた子と遊ぶっていうスタンスでいた学生時代。

1ヶ月の土日のスケジュールが全部埋まった(^^;)

中には午前からと夜からで2人の女子と同じ日にデートしたりも。

付き合っているわけじゃないから浮気とかにはならないけど、なんかちょっと罪悪感がありました。


モテ期を贅沢に経験したエピソードだね。

こんな風に色んな女性と触れあえるのも

モテ期だからこその経験だ。

T・Kさん(25歳・♂)

大学生って遊んでるイメージだったけど、入学してから本当に遊んでばっかの毎日でした。

合コン、紹介、ナンパ、どんなシチュエーションでもうまくいった。

夏は本当こんなに遊んでていいの!?ってくらい、女子からの誘いが絶えなくてびっくり。

大学生ってすげーって思ってたら、月日が経つにつれ、恋愛が思うようにいかなくなり…。

今思うと、あれがモテ期ってやつか…大学生だからじゃなかったか…と思います。


至る所に出逢いがあるキャンパスライフ。
モテ期に気付かない人が多いのが特徴だ。

恋愛が流れ作業になる人も多いね。

出逢いは決して当たり前ではないから、
ひとつひとつの恋を大事にしよう。
もちろん勉強もしっかりすることを忘れずにね。

M・Sさん(31歳・♀)

社会人1年目。

サービス残業で、週に1~2回は終電ギリギリ。

冬だと外も真っ暗だし、怖いなぁと思ってました。

そんな時、声をかけてくれた隣の部署の先輩。

続いて、食堂でも声をかけられました。

さらには知り合いの知り合いからも。

男性と接点がなかったので、こんなに色んな男性に声をかけられたのはびっくりしました。

ちなみに、その中のひとりが今の旦那さんです。


急に声をかけられることが増えるのも
モテ期突入のサインのよくあるパターン。
職場となると年齢層も様々。
相手が結婚を意識している場合も多いから、
より冷静な判断が必要となってくるね。

K・Hさん(33歳・♂)

高校1年の時まで、バレンタインのチョコはクラスの女子から義理で貰うくらい。あと母親と姉貴。

それが高校2年の時は、別のクラスの女子や、先輩・後輩もわざわざ教室まで届けにきてくれたりした。

もともと人見知りするタイプだったから友達も少なかったけど、ちょうどその時体育祭の実行委員になって

全校生徒と触れあうことが増えたからってのもあると思う。

それにしてもすごかった。結局付き合ったりはしなかったけど。


モテ期がバレンタインに重なるという、 モテるのがはっきりわかるパターンだ。

わざわざ渡してくれたその想いは何にも変えられない嬉しさがあるね。

まぁ、お返しは大変になっちゃうけど。

K・Nさん(36歳・♀)

月1で必ず開催してた友達主催の合コンで、気になった相手から100%連絡先を聞かれた。

全員と交換するとかじゃないし、私がこっそり気になっていた相手だったりしても、必ず向こうから聞いてきた。

実際に2人で遊んでみると予想と違ってダメだったりもしたけど、

あの時の自分には何か憑いてるんじゃないかってくらい、好みの男性からアプローチされることが多かった。


自分が気になっている相手からアプローチをされる。

モテ期ではそんな体験が珍しくない。

片想いに嘆く日々がないからこそ、

いきなり幸せを手に入れることだってできるんだ。

MENU
戻る
TOPヘ
今、20~30代がハマっているオトナの恋愛占い♥
詳しくはこちらから
どんな恋の悩みもパパッと解決!